なつかしいにわ

〜どこか懐かしさを感じる庭〜
日が経つにつれて、深みと味わいが出てくるのが庭。
完成したばかりのお庭でも、昔からそこにあったと錯覚を起してしまいそうなその庭は、どこか懐かしさすら感じる。

アンティーク使い

アンティークのレンガや枕木、アイアンの表札や手すりの素材感。
跡が残るような塗り方のエントランス塀。
それらがバランスよく使われた庭は、懐かしさとここちよさを感じられる。

大正ロマン風に

昭和レトロ、大正ロマン、そんな言葉が浮かんでくる庭。
「和」の落ち着きの中にも、懐かしさと温かみを感じられる。